• TEL: 03-6264-8739
  • FAX: 03-6264-8737
  • 韓国旅行・ツアーなら専門の三進トラベルサービス

スライドショーには JavaScript が必要です。

講師:栗原景先生(フォトライター・ジャーナリスト)

韓国は鉄道が発達した国の一つです。路線距離は4,000km強と決して長くはないですが、面積当たりに換算すると比較的高密度に路線が引かれており、世界でも数か国しかない高速鉄道のKTXが韓国全土を網羅、セマウル号、ムグンファ号、ヌリロ号といった一般の都市間列車も数多く運行されています。また近年、全国で既存の路線を廃止して、新たに高規格路線を建設しており、時速200km以上の高速列車を投入しています。一方、ソウル、仁川(インチョン)、釜山(プサン)などの大都市圏も地下鉄・電鉄と呼ばれる通勤電車が都市一帯を隈なく張り巡らしていて、市民の足として機能しています。
韓国に鉄道が開通したのは1899年9月にソウル・漢江(ハンガン)の南にある鷺梁津(ノリャンジン)から仁川の済物浦(チェムルポ)の間でした。戦前は日本から大陸に向かう連絡鉄道や半島北部の工業地帯への輸送を担い、戦後は国土が南北に分断した影響で、韓国国内における産業輸送を担ってきました。かつて、韓国国民の足は車中心でしたが、現在は地球温暖化や環境保全のため、鉄道を利用する人が大幅に増えています。このように激動の韓国と共に歩んできた「韓国の鉄道」について、3回にわたって栗原景先生に講義していただきます。

 

【ラインナップ】

★第1回★

韓国の鉄道創成期から第2次世界大戦の終戦まで

1899年9月に鷺梁津から済物浦間[現在の京仁線]が開通した後、1905年に日露戦争における人員・物資の輸送を目的にソウルから釜山間[現在の京釜線]が、1906年にソウルから開城(ケソン)、平壌(ピョンヤン)を経由して新義州[現在の京義線]までが開通、大陸と線路で結ばれました。鉄道創成期における敷設や経営は鉄道敷設権をアメリカ人から購買した日本の実業家である渋沢栄一によって行われました。韓国の鉄道開通に際して、当初は日本と同じく狭軌(1,067mm)を採用する予定でしたが、中国をはじめとした大陸の諸国家と直通させるため、標準軌(1,435mm)を採用しました。その後、南西部の大田・木浦間[現在の湖南線]をはじめ次々と鉄道を開通させ、特に半島北部では工業地帯からの製品輸送を中心とした路線が数多く敷かれました。しかし、メインは中国や満州とを結ぶ大陸間連絡鉄道としての役割で、1940年(昭和15年)の時点で、特急「あかつき」(釜山桟橋-京城[現在のソウル])、急行「のぞみ」「ひかり」(釜山桟橋-新京[現在の長春])、急行「大陸」「興亜」(釜山桟橋-北京)が運行されていました。経営は大部分が朝鮮総督府鉄道でしたが、数々の私鉄も運営していました。

 

【栗原景(くりはら・かげり)先生プロフィール】

1971年東京都生まれ。旅と鉄道、韓国をテーマとするフォトライター、ジャーナリスト。小学生の頃から、一人で各地の鉄道を乗り歩く。学生時代には、レイルウエイ・ライター種村直樹氏(1936〜2014)のアルバイトを務め、鉄道関連書籍の編集に携わる。大学卒業後は実業之日本社で国内外の旅行ガイドブックの編集を担当し、2001年からフリー。2001〜2004年にかけて韓国に留学し、高麗大学・建国大学で韓国語を習得。帰国後は、初心者向け韓国語教材や、韓国旅行に関する記事を中心に執筆・撮影活動を行っていたが、2007年頃から鉄道や国内旅行に関する仕事が増えている。現在、書籍や雑誌、ウェブ媒体への記事提供のほか、トークイベントやテレビ・ラジオ出演も行っている。

★著書★
2021
「東北新幹線沿線の不思議と謎」実業之日本社
「まっぷるキッズ 日本全国特急列車に乗ろう!」昭文社
「まっぷるキッズ 日本全国新幹線に乗ろう!」昭文社
「廃線跡巡りのすすめ」交通新聞社
「国鉄色ガイドブック」誠文堂新光社
2020
「アニメと鉄道ビジネス」(梅原淳氏らと共著)交通新聞社
「地図で読み解くJR中央線沿線」(岡田直氏と共著)三才ブックス
「東海道新幹線沿線部の不思議と謎」実業之日本社
2019
「国鉄・私鉄・JR 廃止駅の不思議と謎」(伊原薫氏と共著)実業之日本社
2018年
「テツ語辞典」誠文堂新光社(池田邦彦氏と共著)
2017年
「最後の国鉄電車ガイドブック」誠文堂新光社(広田尚敬氏・梅原淳氏・坂正博氏と共著)
2016
「東海道新幹線の車窓は、こんなに面白い!」東洋経済新報社
「学研の図鑑LIVE! 鉄道」学研プラス
2015年
「最後の国鉄直流特急型電車」JTBパブリッシング(梅原淳氏らと共著)
「寝台列車の図鑑」 メディアファクトリー
2013年
「列Q 列車と時刻表の旅100問」 実業之日本社
2012年
「古代から朝鮮王朝まで 韓国歴史ドラマにもっと熱くなれる本」 高橋書店
「 パズルでらくらく!ハングル超簡単マスターブック」 アスク
2010年
「3週間でできる初中級ハングル書き取りノート」 アルク
2009年
「秘境駅III」 メディアファクトリー(牛山隆信氏と共著)
「新幹線の車窓から」 メディアファクトリー
2008年
「秘境駅Ⅱ」 「秘境駅」メディアファクトリー(牛山隆信氏と共著)
「1週間でできる初級ハングル書き取りノート」「3日でできる超入門ハングル書き取りノート」 アルク
2006年
「『日本語』から始める書き込み式韓国語BOOK」 成美堂出版
2005年
「『あいうえお』から始める書き込み式ハングルBOOK」 成美堂出版
2004年
『別冊宝島 (1089)3泊4日のハングル会話』 宝島社

★訳書★
『世界・大鉄道の旅』 心交社 1997 (英文和訳:種村直樹氏監訳)

★テレビ・ラジオ(主なもの)★
・「タモリ倶楽部」(テレビ朝日)
・「Rendezvous」(J-WAVE)
・「おしゃべりクイズ疑問の館」(NHKラジオ第一)
・「首都圏スペシャル 達人おすすめ ネオ鉄道旅へ出発進行!」(NHK総合)
・「イッポウ」(CBCテレビ)

★ツアー案内・講師等(主なもの)★
・首都大学東京オープンユニバーシティ「韓国を楽しむ」(2006年度)
・クラブツーリズム「知って得する!青春18きっぷセミナー」(2009〜2010年)
・三進トラベル「豪華列車ヘラン号で行くプレミアムツアー」(2010年)
・江東区亀戸文化センター文化講座「ワンダフル・コリア~美・食・探・求~」(2012年度)
・「ハリアナコリア〜共感されなくても、僕らは楽しい〜」(2014〜2017年)
・はとバス「東京の歴史を訪ねる鉄道遺構の旅」(2016年)
・JR東海ツアーズ「東海道新幹線の車窓をぜんぶ楽しむ!「こだま」ゆったりグリーン車の旅」(2016年)
・JR東海「急行トレインフェスタ1号」車内案内(2018年)

 

■内容紹介(90分3回シリーズ)

 

第1回 韓国の鉄道創成期から第2次世界大戦の終戦まで

1899年9月に鷺梁津から済物浦間が開通してから日本と大陸を結ぶ連絡鉄道や農産物や工業製品の輸送など

2022年1月13日(木) 20:00~21:30

 

     第2回 光復・大韓民国建国からソウルオリンピックまで

第2次世界大戦後の光復および建国と朝鮮戦争後の南北分断、その後の「漢江の奇跡」と呼ばれた高度成長における韓国の鉄道

2022年2月予定

 

     第3回 ソウルオリンピック後から現代まで

ソウルオリンピック以後の先進国への仲間入り、そして高速鉄道KTXの開通、既存路線の高規格化と言った現在とこれからの韓国の鉄道

2022年3月予定

 

※テーマは若干変更される可能性があります。  

 

■お申込方法
① 下記の【参加確認事項】をご了承いただいたうえ、こちらのページの下記お問合せフォーム、
お電話(03-6264-8739)、メール(koreae@sanshin-travel.com)、FAX(03-6264-8737)のいずれかより
必要事項をご記入いただきお申し込みください。
【必要記入事項】
(1) お名前(フリガナも含む)
(2) Eメールアドレス(今後参加URLのご連絡等はすべてメールでお伝えします。お間違いのないようご記入ください。)
(3) 連絡可能なお電話番号
※お申込み締め切り:イベント開催日の前日
② 弊社で確認後、ご連絡を差し上げます。その後、期日までに指定の方法でご参加代金をお支払いください。
※クレジットカードで受付(VISA、MASTER、AMEX、JCB自動決済システムPayPalにて決済)
③ お支払いが完了した方にはセミナー開催日当日の午後1時までに、EメールにてZoomのURLをお送りいたします。(時間を過ぎてもメールが届かない場合は弊社までご連絡をお願いいたします)
④ イベント開始時間になりましたらURLを確認の上、ご参加ください。開始時間の2分前より参加が可能です。
※システムは、サービスの安定運用に万全を尽くしておりますが、お客様の環境や回線状況により、画面がフリーズしご視聴いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

■参加確認事項
●こちらのイベントはZoom配信となります。お申込みをいただいた方で当日ご参加できない方には後日録画データを送ります。弊社より指定の期限内でご視聴が可能です。
●1つの端末を2名様以上でご覧いただく場合はご覧いただく方全員分の参加代金のお支払いが必要となります。
●オンラインイベントのURLはお申込みいただいた1名様のみご利用いただけます。お申込みいただいた方がその権利を第三者(1名のみ)へ譲渡することは可能ですが、複数人への譲渡やSNS等での拡散などは固くお断りいたします。
●録画・録音・撮影、資料の2次利用、詳細内容のSNS等インターネットへの投稿は固くお断りいたします。
●キャンセルポリシーについて
※キャンセルの連絡は弊社営業時間内にて受付致します。営業時間を越えますと翌営業日の取扱となります。予めご了承願います。

 

■Zoomのご準備
●スマートフォンやタブレットでご参加の方
①参加申込後、Zoomのアプリ(Zoom Cloud Meetings)をご自身のスマートフォンやタブレットにあらかじめインストールしておいてください。
②あとはイベント当日にメールで届く〈ミーティングID〉と〈パスワード〉を入力すればOKです
※Zoomの使用方法説明した動画(YouTube)はコチラからご確認ください※
●パソコンでご参加の方
①事前の準備(Zoomのアカウント登録など)は不要です。
②初めてパソコンでZoomに参加する場合は、イベント当日にメールで届く〈招待URL〉をクリックすると、自動的にZoomアプリのインストールが始まります。
③すでにZoomに参加したことのある方は、イベント当日にメールで届く〈招待URL〉をクリックするか、〈ミーティングID〉と〈パスワード〉を入力すればOKです。
※Zoomの使用方法説明した動画(YouTube)はコチラからご確認ください※

 

コース概要

日程 【三進オンライン講座】

栗原景の『まるわかり韓国鉄道史』(90分3回シリーズ)

第1回 1899年鉄道開通から第2次世界大戦の終戦まで

1899年9月に鷺梁津から済物浦間が開通してから日本と大陸を結ぶ連絡鉄道や農産物や工業製品の輸送など

2022年1月13日(木) 20:00~21:30

※テーマは若干変更される可能性があります。

※定員数に達した場合は生配信にご参加いただけません。

ご参加者様みなさまに、後日録画データをお送りしております。
オンタイムでご参加できない方も後日視聴が可能です!!

旅行条件

旅行企画・実施 株式会社三進トラベルサービス
東京都知事登録旅行業2-6204号 全国旅行業協会(ANTA)正会員 (旅行条件書)

旅行代金


オンラインセミナー参加費用

 

2,500円(税込)

 

◆お申し込みの際は下記、お申込・お問い合わせフォームの下にあるお申込・お問い合わせ内容に記入して下さい。

※定員数に達した場合は、後日お渡しする録画データをご覧いただきます。生配信の視聴をご希望の方はお早めにお申し込ください。

※先生が使用致します教材を添付ファイルにて送付いたします。(PCからのメールのみ)

※宜しければ、どちらで本講座をお知りになったかを下記、お申込・お問い合わせフォームの下にあるお申込・お問い合わせ内容に記入して下さい。

キャンセル料

キャンセルの連絡は弊社営業時間内(午前10時~午後6時)にて受付致します。営業時間を越えますと翌営業日の取扱となります。予めご了承願います。
開催日4日前まで:無料
開催日3日前以降:受講料の100%