• TEL: 03-6264-8739
  • FAX: 03-6264-8737
  • 韓国旅行・ツアーなら専門の三進トラベルサービス

後期講座(第7回~第12回)の日時が決定致しました。

 

 

 物事、出来事に対する感じ方、考え方が根本的に異なる日本人と韓国人

韓国側から見た韓国・朝鮮近現代史の講座です。

それを踏まえて韓国人の行動がなぜそうなるかを解説し日本人が理解できない思考を読み解きます。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

講師:武井一先生(東京都立日比谷高校講師)

日本と韓国は国民レベルではお互いに芸能、映画から料理に至るまで関心が高く相互の往来も盛んですが、国家間では常に摩擦が絶えません。北朝鮮との関係においても拉致問題等があり未だ国交がありません。このような複雑な日韓・日朝関係の原因は国民の多くが歴史、特に近現代史を正確に理解していない事にあると思われます。講師の韓国・朝鮮史におけるエキスパート 武井一先生にその当時の背景や状況を韓国の動きを中心に韓国側からの視点で講義していただきます。

日本人と韓国人、互いに本音で言いたい事は

★ここがヘンだよ日本人、なぜ怒っているの?韓国人

★謝ってすむ問題じゃない日本人! わかってほしい韓国人!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

日韓関係を第三者が見ると

★なぜ不機嫌? 日本人も韓国人も

★詳しい歴史を知らない? 日本人も韓国人も

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

相手を理解するための知恵とは? 講師:武井一先生が解説していきます!

 

私の意識としては、

どっちもどっち、お互いに思い違いをしている。分かってくれると思っている。

でもそうではないのだ。違うのだから割り切るしかない。

和解ではなく、日韓双方とも知り合うこと、という思いを強く持っています。

 

韓国人が歴史を知っているというのは、一種の幻想です。

植民地時代について語れるのは、それが韓国史であるからで、

彼らが日本史(例えば、室町、鎌倉)について語れるかと言えば語れません。

また、台湾の植民地時代史についても語れないと思います。

 

さらに、教育の仕方が違っていて、

日本は教科書「で」教えるのに対して、

韓国は教科書「を」教えることもあります。

 

科挙の伝統を背景に持っている為と思いますが、

この教育の仕方は、教科書がすべてになってしまうのです。

そのため、歴史も教科書に載っていることがすべて。

それで一切を分かったような気分になってしまいます。

 

さらに「あるべき」歴史、「正義」の歴史になってしまうので、

物事が善悪の問題になってしまうことになります。

 

本の趣旨に必ずしも賛成はしませんが、

山野車輪の「嫌韓論」はそこを見事に突いています。

 

私も同様の経験をしています。

(武井一先生 談)

 

【参考資料リンク】

寄稿 似ているようで違う韓日武井 一(民団新聞 202011日号)

 

 

【武井一先生プロフィール】

韓国・朝鮮史のなんでも先生・武井一先生

 

 

1963年生まれ。成蹊大学大学院法学政治学研究科博士前期課程修了。1989年より高等学校で時間講師として社会科を教える。1997年~2006年、KBSワールドラジオの日本語放送で、韓国を紹介する番組の解説を務める。現在、都立日比谷高等学校他5校で社会科、韓国語を担当し、その教え方には定評あり。また、早稲田大学エクステンションセンター、亀戸文化センターで韓国史、韓国文化の講座を持つ。著書に『「ソウルに刻まれた日本』『慶州で2000年を歩く』『ソウルの王宮めぐり』『朝鮮王宮完全ガイド』『皇室特派留学生』、他に協力本、論文多数。朝鮮学会、高等学校韓国朝鮮語教育ネットワーク会員。

 

 

 

■内容紹介

 

全12回(90分)

 

 

 

<第1部 朝鮮時代から日露戦争まで>

 

第1回 朝鮮時代と江戸時代

   近代が始まる以前の体制である朝鮮王朝と江戸幕府の違い、交隣と対立

2021年1月30日(土) 14:00~15:30

   講座終了 ※録画配信にて視聴可能です。

 

第2回 思考の違いと地政学

   近代史を始めるにあたって、両国の考え方、感じ方の違いを説明します。

2021年2月20日(土) 14:00~15:30

  講座終了 ※録画配信にて視聴可能です。

 

第3回 明治維新と興宣大院君政権(1850年代~1873年)

   欧米列強が進出してきた両国の取った政策の違い

2021年3月6日(土) 14:00~15:30

      講座終了 ※録画配信にて視聴可能です。

 

第4回 西郷隆盛の下野と朝鮮開国(1873年~1882年)

   アヘン戦争清国敗北の衝撃と日韓の清国との関わり

2021年3月20日(土) 14:00~15:30

    講座終了 ※録画配信にて視聴可能です。

 

第5回 開国の反発と開化路線の対立(1882年~1894年)

   朝鮮開国とそれに反発する朝鮮国内情勢および清国の対朝鮮政策について

2021年4月3日(土) 14:00~15:30

  講座終了 ※録画配信にて視聴可能です。

 

第6回 日露の対立と朝鮮の生き残り対策(1894年~1905年)

   日清戦争後における閔氏政権のロシア接近と日露対立

2021年4月17日(土) 14:00~15:30

 

 

<第2部 日韓併合から現代まで>

 

第7回 日本による植民地化(1904年~1910年)

   日露戦争後における日本の対朝鮮政策

2021年5月8日(土) 15:00~16:30

 

第8回 植民地統治と大韓民国臨時政府(1910年~1945年)

   ベルサイユ条約の民族自決と三一独立運動、大韓民国臨時政府

2021年5月22日(土) 15:00~16:30

 

第9回 降伏=光復:そして独立へ(1945年~50年)

   日本の第2次世界大戦敗北とその後の朝鮮半島

2021年5月29日(土) 15:00~16:30

 

第10回 朝鮮戦争(1950年~1963年)

   戦況の変化と南北朝鮮国内とアメリカ・ソ連・中国

2021年6月19日(土) 15:00~16:30

 

第11回 朴正熙政権と軍事政権(1963年~1993年)

   独裁政権と経済開発による発展、その後の自由化

2021年7月3日(土) 15:00~16:30

 

第12回 現代まで(1993年~)

   まだ安定していない韓国の政権、南北関係や対日関係における日韓の考え方の違い

2021年7月17日(土) 15:00~16:30

 

◆後期講座の開始時間は15:00になります。ご注意ください。

※テーマは若干変更される可能性があります。

 

■お申込み方法
① 下記の【参加確認事項】をご了承いただいたうえ、こちらのページの下記お問合せフォーム、
お電話( 03-6264-8739 )、メール( koreae@sanshin-travel.com )、FAX(03-6264-8737)のいずれかより
必要事項をご記入いただきお申し込みください。
【必要記入事項】
(1) お名前(フリガナも含む)
(2) Eメールアドレス(今後参加URLのご連絡等はすべてメールでお伝えします。お間違いのないようご記入ください。)
(3) 連絡可能なお電話番号
※お申込み締め切り:イベント開催日の前日
② 弊社で確認後、ご連絡を差し上げます。その後、期日までに指定の方法でご参加代金をお支払いください。
※クレジットカードで受付(VISA、MASTER自動決済システムPAYPALにて決済)
③ お支払いが完了した方にはセミナー開催日当日の午後1時までに、EメールにてZOOMのURLをお送りいたします。(時間を過ぎてもメールが届かない場合は弊社までご連絡をお願いいたします)
④ イベント開始時間になりましたらURLを確認の上、ご参加ください。開始時間の10分前より参加が可能です。
※システムは、サービスの安定運用に万全を尽くしておりますが、お客様の環境や回線状況により、画面がフリーズしご視聴いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

■参加確認事項
●こちらのイベントはZOOM配信となります。お申込みをいただいた方で当日ご参加できない方には後日録画データを送ります。弊社より指定の期限内でご視聴が可能です。
●1つの端末を2名様以上でご覧いただく場合はご覧いただく方全員分の参加代金のお支払いが必要となります。
●オンラインイベントのURLはお申込みいただいた1名様のみご利用いただけます。お申込みいただいた方がその権利を第三者(1名のみ)へ譲渡することは可能ですが、複数人への譲渡やSNS等での拡散などは固くお断りいたします。
●録画・録音・撮影、資料の2次利用、詳細内容のSNS等インターネットへの投稿は固くお断りいたします。
●キャンセルポリシーについて
※キャンセルの連絡は弊社営業時間内にて受付致します。営業時間を越えますと翌営業日の取扱となります。予めご了承願います。
座談会開催日4日前まで:無料
座談会開催日3日前以降:受講料の100%

 

■ZOOMのご準備
●スマートフォンやタブレットでご参加の方
①参加申込後、Zoomのアプリ(ZOOM Cloud Meetings)をご自身のスマートフォンやタブレットにあらかじめインストールしておいてください。
②あとはイベント当日にメールで届く〈ミーティングID〉と〈パスワード〉を入力すればOKです
※ZOOMの使用方法説明した動画(youtube)はコチラからご確認ください※
●パソコンでご参加の方
①事前の準備(Zoomのアカウント登録など)は不要です。
②初めてパソコンでZoomに参加する場合は、イベント当日にメールで届く〈招待URL〉をクリックすると、自動的にZoomアプリのインストールが始まります。
③すでにZoomに参加したことのある方は、イベント当日にメールで届く〈招待URL〉をクリックするか、〈ミーティングID〉と〈パスワード〉を入力すればOKです。
※ZOOMの使用方法説明した動画(youtube)はコチラからご確認ください※

 

 

コース概要

日程 【三進オンライン講座】

武井一先生 韓国・朝鮮近現代史(全12回)

第6回 2021年4月17日(土) 14時00分開始

(終了時間は15時半頃を予定)

テーマ:日露の対立と朝鮮の生き残り対策(1894年~1905年)

※定員数に達した場合は生配信にご参加いただけません。

ご参加者様みなさまに、後日録画データをお送りしております。
オンタイムでご参加できない方も後日視聴が可能です!!

旅行条件

旅行企画・実施 株式会社三進トラベルサービス
東京都知事登録旅行業2-6204号 全国旅行業協会(ANTA)正会員 (旅行条件書)

旅行代金


オンラインセミナー参加費用

 

①一回あたり 2,500円(税込)

②前期6回、後期6回それぞれ一括 14,000円(税込)

 

◆お申し込みの際は一回のみ(第何回)、または一括を下記、お申込・お問い合わせフォームの下にあるお申込・お問い合わせ内容に記入して下さい。

◆第1回と第3回、第4回と第5回などお好みの項目のみの複数回お申込も可能です。

◆前期6回(第1回~第6回)、後期6回(第7回~第12回)をそれぞれ一括でお申し込みをされると1,000円引き14,000円(6回分)のお得となります。

※定員数に達した場合は、後日お渡しする録画データをご覧いただきます。生配信の視聴をご希望の方はお早めにお申し込ください。

※先生が使用致します教材を添付ファイルにて送付いたします。(PCからのメールのみ)

※宜しければ、どちらで本講座をお知りになったかを下記、お申込・お問い合わせフォームの下にあるお申込・お問い合わせ内容に記入して下さい。

キャンセル料

キャンセルの連絡は弊社営業時間内(午前10時~午後6時)にて受付致します。営業時間を越えますと翌営業日の取扱となります。予めご了承願います。
座談会開催日4日前まで:無料
座談会開催日3日前以降:受講料の100%

お電話にてお問合せ

受付時間(月~金曜日 10:00~18:00 土・日・祝日は受け付けておりません。)
TEL : 0120-988-134

メールにてお問合せ

下記、お申込・お問合せフォームにて送信して下さい。

必要項目を入力して確認ボタンを押してください。
確認画面へを押した後、画面が一番上のツアータイトル部分に戻ります。
カーソルを下へ移動し、ご入力内容をご確認後、送信を押してください。
※は必ず入力してください。

お申込・お問合せフォーム

お問合せ事項※
お名前(漢字)※
お名前(アルファベット)※
パスポートに記載されているとおりに入力してください
姓/Surname:
名/Given Name:
性別
生年月日※ 年  月 
住所※

電話番号※ - -
携帯電話番号 - -
※ 携帯電話以外に電話番号をお持ちでない方は「電話番号」欄にご記入ください
FAX番号 - -
メールアドレス※
この商品のことは何で知りましたか※

その他(

ニュースレター配信を希望する
詳細内容 商品コード
【三進オンライン講座】朝鮮半島ってなんで国が二つあるのか知ってる?★キチンと学ぶ韓国・朝鮮近現代史(全12回)~歴史を知らずして語るなかれ
出発日
日本出発空港

その他の出発空港  空港

帰国日
人数 名様
1人目ご同行者様
お名前(漢字・アルファベット)※
性別※
生年月日※
住所※
電話番号※
メールアドレス

※ ご同行者様がいない場合は《なし》と入力してください
※ お名前(アルファベット)はパスポートに記載されているとおりに入力してください
2人目ご同行者様
お名前(漢字・アルファベット)※
性別※
生年月日※
住所※
電話番号※
メールアドレス

※ ご同行者様がいない場合は《なし》と入力してください
※ お名前(アルファベット)はパスポートに記載されているとおりに入力してください
3人目ご同行者様
お名前(漢字・アルファベット)※
性別※
生年月日※
住所※
電話番号※
メールアドレス

※ ご同行者様がいない場合は《なし》と入力してください
※ お名前(アルファベット)はパスポートに記載されているとおりに入力してください
4名様以上のご同行者様がいらっしゃる場合はこちらにご記入下さい
※ ご同行者様がいない場合は《なし》と入力してください
※ お名前(アルファベット)はパスポートに記載されているとおりに入力してください
お申込・お問合せ内容