• 韓国旅行・ツアーなら専門の三進トラベルサービス

韓国は現在世界で唯一の分断国家です。朝鮮戦争で締結された休戦協定で韓国と北朝鮮は軍事境界線[休戦ライン]によって南と北に分けられました。その休戦ラインの南北2キロがDMZ(demilitarized zone/非武装地帯)となりました。緊張と平和が共存するDMZツアーは分断国家の現実を肌で感じようとする外国人観光客が数多く参加しています。 
 
【板門店(パンムンジョム)】 
板門店は1953年休戦協定が調印されたところで、ソウルの北方約60km、北緯38度線にあり、軍事境界線[休戦ライン]を中心に設けられている非武装地帯の真中にあたります。休戦以来、幾度となく軍事会談が開かれており、南北会談の窓口として韓国国民のみならず、世界中の注目を集めている場所の一つです。板門店は個人では行くことが許可されておらず、韓国政府が認可した旅行会社のツアーでのみ、見学することができます。また韓国人は諸般の都合からか、板門店を見学することはできません。韓国旅行する外国人のみ、見学が許されている場所となっています。 
 
★共同警備区域(JSA)★ 
板門店の一帯は元々南北共同で警備をする区域でしたが、1976年以降はそれぞれの区域内を警備するようになりました。 
 
★軍事停戦委員会本会議場★ 
板門店の中心にある簡易な平屋で、テーブルの中央にあるマイクのコードが南北を分ける軍事境界線になっています。 
 
★帰らざる橋★ 
1953年7月27日の朝鮮戦争休戦協定後、この橋で双方の捕虜が交換されました。一度渡ると戻ることができなかったので、この名が付きました。

コース概要

コースナンバー 4DZFL0102(T-32)
最少催行人員 1名様
料金 75,000ウォン
時間 09:10~16:30(火曜~金曜)
食事回数 昼食

旅行日程

時間帯 スケジュール 食事
09:10~16:30

◆09:10までに、ロッテホテル本館6階「中央高速(Joongang Express Tour)」に集合。本館エレベーターにてお越し下さい。

09:10 ロッテホテル明洞本館6階集合
09:30 ロッテホテル本館出発
戦争記念館
臨津閣(イムジンガク)
昼食[臨津閣にて]
キャンプポニパス(JSA警備大隊)[国連安保見学場にて板門店見学の説明会]
板門店見学[軍事停戦委員会本会議場・自由の家・訪問客用展望台・ポプラ事件現場・帰らざる橋など]
ロッテホテル明洞
16:30 ロッテホテル明洞解散

昼:プルコギ

旅行代金(お一人様)

お一人様[12歳以上] 75,000ウォン

ツアー代金には車両代、日本語ガイド、入場料、昼食代が含まれております。

キャンセル料について

■旅行開始7日前~4営業日前のキャンセルは一人当たりのご旅行代金の30%のキャンセル料がかかります。
■旅行開始日から3営業日前以降のキャンセルはご旅行代金100%のキャンセル料がかかります。

注意事項

【板門店ツアーの注意事項 】
1.コース所要時間は往復で6~8時間です。交通事情により遅延する場合がございます。

2.板門店ツアーには必ずパスポートを持参してください。

3.満11才以下のお子様は参加できません。

4.下記のような服装は禁じられております。服装規定に違反する場合、板門店ツアーに参加できません。
◆汚れのひどいジーンズ・膝丈より短いズボン・ミニスカート・袖無しTシャツ・迷彩柄の服・トレーニングウェア・作業服・レザー服・サンダル・スリッパ・英単語やスポーツチーム等のロゴが大きく入った服や帽子
※服装についての規定は国連の責任者によって変更される場合がございます。

5.板門店本会議場内では北朝鮮側の備品(国旗やマイク)等に触ってはいけません。

6.板門店では北朝鮮側の人たちに対するどのような行動も一切禁止されています。
◆声をかける、手を振るなど

7.板門店は軍事的特殊地域のため、軍事的またはその他の理由で観覧が中止になる場合がございます。その際は旅行代金の返金はできませんので、予めご承知置き下さい。また、現地事情により予告なしに見学地の変更や中止になる場合がございます。

8.韓国籍の在日韓国人の方は、「在外国民登録謄本」も当日必ずご持参ください。日本の韓国領事館にて発行可能です。「在外国民登録謄本」がない場合参加できません。

9.次の国籍の方は、板門店側の規則により非常に厳しい審査があるため、現在では受け付けておりません。
◆韓国[在日韓国人は除く]、ロシア、キューバ、アフガニスタン、シリア、リビア、イラク、イラン、パキスタン、スーダン、マレーシア、ベトナム、中国、香港、台湾、朝鮮
※それ以外の国籍の方はその都度お問い合わせ下さい。

【ツアー中の事故の補償について】
車両搭乗中にかかわる事故につきましては補償がありますが、ツアー全般における保険には加入しておりませんので、任意の海外旅行傷害保険への加入を強くお勧めいたします。

【お支払いについて】
ご出発7日前までにお支払い下さい。

現地旅程管理会社

現地旅程管理会社 【旅行企画・実施】中央高速観光